症状によって選ぶべき肩こり薬

いろんな種類に肩こり薬が販売されています。ドラッグストアだけではなく、クリニックも肩こり外来があるほど親身になって相談に乗ってくれる時代となりました。ただ症状によって選ばなければ効果も減少します。症状に合わせた医薬品選びをしましょう。

痛みや不快感が強い場合は筋肉弛緩剤の医薬品

肩こりも度が過ぎてしまうと、筋肉が炎症を起こし、痛みを感じることもあります。それを和らげてくれるのが筋肉弛緩系の肩こり薬です。現在ある肩こり系の医薬品のなかでも、もっとも人気があります。辛い不快感をなるたけ早めに取り除くことができる医薬品です。

湿布や塗り薬にもそのような成分が配合されている医薬品もありますが、どちらかというと内服薬になることから効果の出方が違います。

外用薬よりも内服薬の方が期待をすることができますので、つらいときはそれを求めると良いでしょう。ドラッグストアでも購入できますが、辛い場合は医師に相談して処方を受けることをおすすめします。市販薬よりも効果が高いです。

コリが強い場合はビタミン系で和らげよう

肩こりが起きるメカニズについて知っておく必要があります。肩こりは筋肉が疲弊して血行が悪くなることで起きてしまいます。それにより末梢神経が傷ついてしまい、慢性的な痛みを感じるようになります。

またそのコリによって血行が悪くなり、眼精疲労やめまいに繋がることも。原因となっているコリを改善することも重要になります。

筋肉弛緩系の肩こり薬は、どちらかといえば不快な痛みやつらさを緩和する役目を担います。コリを取り除く成分も配合されていますが、不快感の軽減が目的です。

よってコリを取り除く医薬品を必要です。ビタミンB群、Eなど配合されている医薬品も使うようにしましょう。血行を促進させる成分が配合されている製品を選んでください。

応急的か?それとも原因を取り除く医薬品か?

つらい症状が続くのであれば、生活に支障をきたすことになりますので、応急的に痛みやつらさを緩和してくれる筋肉弛緩剤を使うと良いでしょう。ただしそれが根本的な問題を解決するわけではありませんので、ビタミンなどが配合されている医薬品も一緒に用いるようにしましょう。

応急的な医薬品として筋肉弛緩剤もそのひとつですが、消炎鎮痛剤が含まれている肩こり薬もその一種です。ビタミンが配合されているのは、血流を促進させる効果があります。

なかには総合的な医薬品もありますので、用いると良いでしょう。医薬品だけで肩こりの問題を解消するのはなかなか難しいですので、総体的に取り組むことをおすすめします。