主成分によって肩こり薬の選び方がある

意外と多いのが肩こり薬になり、どれを選択すれば良いのか?悩んでしまうことがあります。症状も人それぞれで言葉にするのが難しいのが肩こりです。成分からどんな症状に効果があるのか?そこから自分に合った医薬品を見つけやすくなります。

こりを改善するにはビタミン類が配合されている医薬品

肩こりの原因は血流が悪くなっていることから起こります。作業で一定の姿勢を維持していると、筋肉が凝り固まってしまい、それで肩こりを感じるようになります。

それが進行すると、筋肉が炎症を起こしたり、末梢神経が傷つけられて痛みを感じるようになるでしょう。そうならないためにも、こりを感じたときにしっかりと対象することが大切です。

マッサージや温泉などで体を温めるのも良いですが、体の内側から改善を求めるようにしましょう。成分としては、ビタミンB類やE、そして葉酸が効果的です。疲労回復や肩こり薬にはこれらの成分が配合されています。肩こりに悩んでいる人は、これに頼ってみると良いでしょう。

つらい痛みや不快感にはこんな成分がおすすめ

肩こりが進行してくると、炎症が起き足り、傷つけられた末梢神経によって痛みを発するようになります。またそれらの症状は吐き気を感じるようになりますので、とても厄介な存在です。それを取り除いてくれる成分もあります。

筋肉弛緩成分であるクロルゾキサゾン、痛み止めになるエテンザミドなど効果的な不快感を解消する成分です。また湿布や塗り薬にも含まれていることが多いインドメタシンなども、消炎鎮痛剤の成分となります。

こり固まっている人や、痛みを感じる人はこのような成分に頼ってください。ただ根本の原因を取り除くことになりませんので、抜本的な対処療法となります。応急処置的な位置となる肩こり薬です。

抜本的な改革をするには医薬品の併用も必要

筋肉弛緩、消炎鎮痛成分が含まれている医薬品は確かにつらい症状を改善するきっかけとなりますが、それだけでは肩こりを解消するのは難しいです。血流を促進するビタミンが含まれた医薬品を併用して使うことも、大切な対処方法となります

また医薬品だけではなく、マッサージなども取り入れるようにしてください。筋肉が固まることで肩こりを感じるようであれば、仕事の合間にストレッチを取り入れましょう。

ラジオ体操の特に第二に関しては、肩こりに効果的と言われていますので、試してみると良いでしょう。冷え性の方で、肩こりに悩まされている人も多いです。そんなときこそ、ビタミン類などで対処するようにしてください。