肩こりによる改善は治療薬などを用いることで大きく痛みを和らげる

いろんな改善方法がありますが、いまいち効果を実感することができないことも多いです。しつこい肩こりと付き合うことが多いのが現代人。だからこそ効果的な方法で改善を図りましょう。その方法となるのが肩こり薬です。基本的な知識から、その種類について知っておきましょう。

自分の肩こりの種類を知ることから始めよう

とても大切なことになります。いろんな要因によって肩こりは起こりますが、人それぞれ生活スタイルも異なりそれによってこりが発生してきます。また肩こりには大きくわけて2つの種類があります。

自分の肩こりの種類を知ることから始めよう

炎症を起こしているタイプと血液の流れが悪くなって引き起こされるコリのタイプです。それぞれ治め方から改善方法まで異なってきますので自分の肩こりをまず知ることから始めてください。

パソコンや手作業が多い人には、こりになることがあります。血流の流れが悪くなることによって起こりますが、それが悪化してしまうと神経が傷ついてしまい、筋肉にも炎症が起こることも。

動かすとピリッとした痛みを感じるような場合は、そのケースであることが多いです。押さえたり揉むと気持ちいいのであれば、単純にこりになることも。まずは自分の肩こりを知りましょう。

自分のこりにあった適切な肩こり薬を選ぼう

薬の種類として大きくわけて2つに分類することができます。内服薬と外用薬。また外用薬になると塗るタイプから貼るタイプなどとわけることができます。

自分のこりにあった適切な肩こり薬を選ぼう

配合している成分は神経を鎮めたり、筋肉の炎症を鎮めるものから、血流の促進を図るためにビタミン類が配合されていることも。

The recommendation site
イボ治療なら首イボマスター
見た目もファッションや首元のお洒落にも嫌なイボを退治してくれるお薬や人気アイテムをご紹介しております

塗ったり貼ったりするタイプは、基本痛み止めが含まれていることが多いです。ただ冷感や温感といったタイプもありますのが、基本は自分の好みで構いません。

ただ炎症を起こしている場合は温感になると、不快感を感じることもありますので、それが嫌であれば冷感でも構いません。この選ぶ方を間違えることで極端に肩こりが悪化することは少ないです。

塗るタイプは匂いが気になることもありますので、使い方を考えると良いでしょう。

市販薬よりも病院の方が効果が出ることもある

基本ですがドラッグストアで購入できる医薬品と言うのは、病院で処方される製品よりも成分の配合量が少なく、1回の服用量も少なくなっていることが一般的です。

市販薬よりも病院の方が効果が出ることもある

これによって重篤な副作用が出にくくなっています。

このような事情があることで、市販で購入する肩こり薬になかなか効果を見出せないこともあるでしょう。そんなときは病院を頼りましょう。

もはや国民病のひとつとなっていることで、肩こりも病院で診てもらえる時代となりました。

PR めっちゃたっぷりフルーツ青汁は美味しさと手軽で人気!

肩こり外来などもありますが、整形外科や内科でも相談に乗ってくれます。肩こりの種類によって医薬品も選ばれ、炎症を起こしている場合は痛みを鎮めるもの、血流が悪くなることで起こるこりは、ビタミン類が配合された医薬品になることが多いです。